ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

注意:
このページではJavaScriptを使用している部分があります。
お使いのブラウザーがこれらの機能をサポートしていない場合、
もしくは設定が「有効」となっていない場合は正常に動作しないことがあります。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

職場被ばくの現実、知っていますか?

もっと知ってほしい、患者の不安。母が入院して、はじめて知りました。放射線医療のリスク、知っていますか?ことがあります。知らなかった、

患者さんの安全だけでなく、全ての医療スタッフの安全のために。

DoseRite

X線を用いる血管撮影では、患者さんのみならず、医療従事者や施設管理者にまで放射線被ばくのリスクが存在します。当社のDoseRiteは、患者さん、医療従事者、施設管理者、すべての人に安心を提供するため、線量をトータルにマネージメントする、これまでにないコンセプト。DoseRiteは、線量マネージメントをつうじて、よりよい未来の医療環境を創出します。

>もっと詳しく PageTop

放射線皮膚障害は、線量がある一定の量を超えると起こります。

image
DoseRite 医療術者の安全を置き去りにしません。

重要なのは自分のための被ばく低減

術者の直接線被ばくの防止にも貢献します。

DoseRite F-Recや透視のパルスレートを落とすことで、術者被ばくとなる散乱線を低減することができます。 DoseRite SpotFluoroは、不要なX線照射面積を抑えることで、患者さんの被ばくリスクの面積を抑えるだけではなく、術者の被ばくとなる散乱線の発生も抑えます。また、術者が直接被ばくしてしまうような場面でも、術者の被ばくを少しでも抑える利用が可能です。

DoseRite F-Rec

術者被ばく低減効果にもつながります。

記録画像として撮影の代わりに透視画像を収集することで、患者入射線量を低減できるだけではなく、術者被ばくとなる散乱線も低減できます。

先天性心疾患における1治療あたりの術者位置における平均散乱線量を各Phaseに比較したところ、1治療あたりの透視時間に差は無いものの、透視収集を駆使したPhase4では、Phase1のおよそ半分になりました。

術者位置における平均散乱線量約50%低減
Fluoroscopy time (min) / Cum. air kerma (mGy)
Acquisition (fps)
掲載誌: Catheterization and Cardiovascular Interventions 78:136-142 (2011)
タイトル: Use of a Dose-dependent Follow-up Protocol and Mechanisms to Reduce Patients and Staff Radiation Exposure in Congenital and Structural Interventions
著者: Jaclynn M. Sawdyほか(Nationwide Children's Hospital)

DoseRite SpotFluoro

術者被ばくとなる散乱線を減少させます。
アクリルファントムを用いた線量低減効果

アクリル厚20cmのファントムに対して透視した時の、X線照射中心から50cm離れ、床面から150cmの高さの点をサーベイメータで測定した散乱X線量において、Fullを基準に正規化したグラフ。ROIを小さくすればするほど散乱線が減少します。(当社調査による)

アクリルファントムを用いた線量低減効果1

LAO/RAO=0° CRA/CAU=0° SID=100cm 面積30cm×30cmで厚さ20cmのアクリルを使用し、アクリルの厚みの中心にCアーム回転中心としたときの面積線量を測定

アクリルファントムを用いた線量低減効果2
アクリルファントムを用いた線量低減効果3
X線照射エリア(ROI)

DoseRite SpotFluoroでは、関心領域にのみX線が照射されているため、
術者が直接被ばくする場面においても有効に被ばく防止できます。

戸田中央総合病院 内山隆史先生ご提供

DoseRite構成技術:患者さんの安全だけでなく、全ての医療スタッフの安全のために。

DoseRite PF

DiseRite™

■パルス透視

30/20/15/10/7.5/5/3/2/1ppsの9段階を標準装備。PureBrainにより、透視の残像が低減されたことで、低レートパルスがより使いやすくなりました。

Dose Adjustment Filter

■線質調整フィルタ

Cu0.2,0.3,0.5mm※を装備。パルスあたりの線量低減と画質のバランスを最適にいたします。
※ 0.9mmCuは8インチFPDに構成。

DoseRite F-Rec

■透視収集機能

透視を出力しながら収集。PureBrainにより、透視における残像が低減することが可能。透視画像で観察に耐えうる場合は、撮影を行わず透視画像を収集し、撮影画像と同じように管理可能です。

DoseRite F-Store

■透視収集機能

透視後、必要に応じ最大60秒前までの画像を収集できます。

DoseRite Live Zoom

■ライブズーム機能

リアルタイムの透視・撮影で最大2.4倍までの拡大が可能。デジタルズーム機能をリアルタイムのX線画像に掛けることができます。通常のFOV拡大に比べ、線量増加が抑えられます。

Virtual Filter/Virtual Collimator

■バーチャルフィルタ・バーチャルコリメータ

透視の最終画像上に、補償フィルタや絞りを仮想表示します。X線を出さずに補償フィルタや絞りを設定できます。

DoseRite SpotFluoro

■スポット透視

関心領域にのみX線を照射し、関心領域以外は静止画像を表示した透視が可能です。特に末梢血管インターベンションでは術者の被ばくを少しでも抑えることができます。

High Speed Rotation

■Cアーム高速回転機能

通常使用時:最高30°/秒の回転速度を有します。Cアームが高速回転できることで撮影時間を短縮化し、線量低減ができるとともに、患者被ばく箇所の分散が認められます。

Reverse Geometry

■Ωアーム LL,RL切り替え

バイプレーンの側面アームは、X線管、FPDを左右入れ替えて利用できます。患者様の被ばく分散を図るだけではなく、術者立ち位置側にX線管が来ない配置に簡単に変更できます。

Auto Pixel Shift

■透視ロードマップのオートピクセルシフト

透視ロードマップでのマスクずれを補正。マスクずれが発生した場合、再撮影を行うのではなく、マスクの移動量を計算し移動させ、ロードマップ画質を維持します。

3D Road Map

■3Dロードマップ技術

透視画像上に3次元画像をリアルタイムに表示。その際に、Cアームやカテーテルテーブルの動きにも追従するため、位置変更による撮影は不要です。

DoseRite DTS

■トラッキングシステム

患者さんの放射線皮膚障害のリスクをリアルタイムに視覚的に被ばくの参考情報を提示します。術後は、最大皮膚線量とともに被ばくMapをHTML形式で保存でき、術後管理に有効利用できます。

DoseRite Report

■データ出力

照射録をCSV形式にて、外部コンピュータに出力できます。RDSRに対応できないサーバシステムなどに対して、CSV形式にて照射録を提供し、管理していただくことが可能です。

DoseRite Report

■DTSレポート

DoseRite DTSの結果は、HTML形式にて画像と数値を外部コンピュータに出力し、管理していただくことが可能です。次回検査時の参考としてご覧頂くことができます。

東芝メディカルシステムズ株式会社